トップページー概観、募集コース案内、特長

成績アップと志望校合格をかなえたいなら、FES進学塾予備校にお任せください。

  •  

  •    FES進学塾予備校の公式サイトへようこそ。

       FES進学塾予備校は、新潟市中央区の新潟県庁近くにある学習塾です。小学生の補復習修指導から、中堅、上位高校を志望する中学生、有名私立大学や国公立大学を志望する大学受験の高校生や浪人生、社会人を対象としています。

  •   着実に実績を上げている進学塾予備校です。志望校合格に向けて生徒を牽引し、懇切丁寧な指導導を行うことを約束します。
  •  

  • ES進学塾予備校は少人数クラス指導及び個別対応(1対1)指導をベースとした学習教室です。

  •  少人数クラス指導では、小学生の場合には、小学4、5、6年生の国語、算数指導と小学6年生への英語指導を行っております。国語、算数の授業は学校の授業の補修復習に重点を置いた授業となります。英語の授業は中学英語の先取り学習となります。比較的ゆったりと進む授業となります。

  • 中学生の場合には、主として、新潟県内上位高校及び中堅高校への受験を希望する学生を対象として授業が展開されています。中学1、2年生の場合には数学と英語、中学3年生の場合には、数学、英語、国語、理科、社会の5科目と筆答A対策(英語、数学)の授業が提供されています。
  •  
    高校生や浪人生の場合には、国公立大学及び有名私立大学への受験を希望する学生を対象として、英語の授業が実施されています。(高校生や浪人生の場合には、入塾に際して、在籍高校名や学力は一切問いません。) 
  •  
  •  個別対応(1対1)指導では、それぞれの生徒の学力を勘案し、当学習教室が作成したカリキュラムに則り、授業を展開していきます。
  • とりわけ、個別対応指導は、次のような生徒を対象としています。
  • 小学1年~3年生で補修復習に重点を置いて勉強したいと望む生徒。 
  • 上記のクラス指導を部活や他の習い事で受講することができない生徒。
  • 学校の定期テストの成績が悪く、基礎から学力を身につける必要のある生徒。
  • 得意、不得意が激しく、教科ごとに点数のばらつきのある生徒。
  • 短期間で学力を伸ばし、高校入試や大学入試への磐石な基盤を早期に築きたい生徒
  • 。中堅私立大学への入学を希望する生徒。
  • 。社会人で今後、大学進学や再入学をお考えの成人。
  • 高校、大学入試に関係なく、英語をイチから学びなおし、英語での表現力を一定のレベルまで伸ばしたいと望む成人。(年齢制限なし。)
  • 他、様々な状況に置かれた方々に対応しております。気軽にご相談してください。 
  •  
  •  FES進学塾予備校には、近隣の生徒も在籍しておりますが、かなり遠方の生徒も在籍しております。
  •  FES進学塾予備校はただ単に知識を授けるだけでなく、勉強方法を教える学習塾です。
  •  また、高校入試や大学入試に向けて知識の集約化の仕方も教える進学塾です。 
  •  入塾をお考えの生徒には体験授業や特別補修授業を用意してあります。
  •  成績アップと志望校の合格は、FES進学塾予備校にお任せください。
  •  
  • 少人数クラス指導 募集コース案内

  • (1)小学4年国算受講コース  (2)小学5年生国算受講コース
    (3)小学6年生国算受講コース    (4)小学6年生英語受講コース
    (5)小学6年生英語プラス国算受講コース
  • (1)中学1年英数受講コース HIクラス  (2)中学1年英数受講コースMIクラス
    (3)中学2年英数受講コース HIクラス    (4)中学2年英数受講コース MIクラス
    (5)中学3年英数受講コース HIクラス  (県内上位高校合格を目指すクラス) 
       後日設置コース  中学3年国社理受講コース HIクラス  
                中学3年筆答A対策英数受講コース HIクラス
    (6)中学3年英数受講コース MIクラス  (県内中堅高校合格を目指すクラス) 
       後日設置コース  中学3年国社理受講コース MIクラス 
                中学3年筆答A対策英数受講コース MIクラス
    (7)中学3年英数国社理模試受講コース STクラス  
     (国社理数理の5教科の模擬試験を月2回受講するクラス)

  • (1)高校1年英語受講コース BAクラス   (中学分野の復習から高校英語へと進むクラス)
    (2)高校1年英語受講コース HIクラス  (大学入試の学習へと直接的に進むクラス)
    (3)高校2年英語受講コース BAクラス  (中学分野の復習から高校英語へと進むクラス)
    (4)高校2年英語受講コース HIクラス   (大学入試の学習へと直接的に進むクラス)
    (5)高校3年英語受講コース   NAXクラス、NAYクラス 
       (国公立大学合格をめざすクラス) 
    (6)高校3年英語受講コース   PRXクラス、PRYクラス 
       (有名私立大学合格をめざすクラス)

    *それぞれのクラスとも、6名以内のの少人数クラスとなります。クラス授業受講への不安をお持ちの生徒には、特別補修授業を行います。「お知らせ」をご覧になってください。通年受講コースの詳細は、「開設講座案内」をご覧ください。受講料金に関しては「受講料金案内」をご覧ください。個別対応指導のご希望の場合は、随時入塾が可能です。
  •  
  •  
  • FES進学塾予備校は新潟市にある他の塾と比べて数多くの特長を有しております。
  •   FES進学塾予備校では、お預かりした生徒のご父兄に月刊学習報告書を送付しております。これには、前月分の塾での学習事項、家庭での課題、生徒の学習態度が記されております。
  • 近年のご父兄の高学歴化を背景に、塾に子供を預けたはいいが、塾でいったい何を学び、また、どういった宿題が出ているのか、あるいは、子供が塾での授業中にどのように取り組んでいるのかに関心を寄せるご父兄が増えております。
  • このような状況で、FES進学塾予備校では、何月何日の授業ではどの単元のどこを学習したのかや家庭での課題としてどのような事項が出されたのか、そして、お預かりした生徒がその日の授業ではどのような様子であったのかを明確に記す報告書を作成し、送付しております。
  • また、特に、成績がどうしても上がらないような事態などには、どのように対処すればよいのかを記した処方箋も提示しております。


  •   FES進学塾予備校では、中学受験対策の指導は行っておりません。当学習塾では、小学4、5年生には国語、算数、また、小学6年生は国語、算数、英語を指導しておりますが、この指導は、英語は先取り授業ですが、国語、算数はあくまでも学校の授業の補完という位置づけで行っております。
  • 。FES進学塾予備校では、長い目で見て、小学生の段階での指導上の重点は、第一義的に、科目ごとの好き嫌いを作らないこと、また、国語、算数の場合には単元ごとの好き嫌いを作らないこと置かれております。中学受験をしない生徒が対象ですので、授業はかなりゆったりとした雰囲気で行われております。  
  •  
  •   FES進学塾予備校では、個別対応(1対1)指導を希望する生徒には体験学習を提供しrています。また、年度初めや年度途中で少人数クラスに入塾をお考えの生徒に対しては特別補修授業を希望に応じて実施しております。
  • とりわけ、少人数クラス指導を経験したことがなく、不安をお持ちの生徒を対象にFES進学塾予備校で既習した事項を中心に3~4コマの補修授業を行い、塾にできるだけ早期に慣れることができるよう取り計らっております。
  •  
  •  FES進学塾予備校では、お預かりした生徒の内申点を向上するために、中学1年、2年、3年生には定期テスト直前には定期テスト対策を施しております。
  • 中学1年、2年生の場合には、通常授業では数学、英語の授業を提供しておりますが、定期テスト対策直前には社会と理科の対策授業が提供されます。中学3年生の場合も同様です。
  •  
  •   新潟県の高校受験体制が変更になって3年が経ちました。高校受験日が2日間に渡るようになり、1日目が従来の簡易な国語、数学、英語、社会、理科の5科目の試験です。2日目の試験は筆答A(英語、数学)、または小論文を中心とした筆答Bのいずれかの試験を受けることなっております。新潟県の中堅、上位高校の場合には、筆答A(英語、数学)の難解な試験を採用しているのが大半です。
  •   そこで、FES進学塾予備校では、中学3年の受験生のために筆答A対策講座を設置しております。英語の対策授業では、長文、とりわけ、論説文を中心として厳密な和訳演習を行っております。また、毎回の授業で課題英作文を家庭での宿題として出し、それを添削すると同時にその課題英作文の模範解答例を提示し、生徒が暗唱できるように工夫しております。数学の授業では、数学のセンスを磨くことを目的として、中学1年から平面図形、立体図形、空間問題の総復習と同時に規則性の問題を中心に問題に取り組ませております。
  •  
  •   大学受験に向けた準備は早いことに越したことはありません。しかし、なかなか毎日の部活動の追われて学校の授業についていくのがやっというのが大部分の高校1年、2年生の実情であると思います。また、せっかく高校受験に備えて覚えた知識が劣化し、語学力、とりわけ、英語の力は減退している生徒もいます。
  •   FES進学塾予備校の高校1年、2年生対象の英語講座の重点は、まず第一義的に、高校受験のときに覚えた単語、文法力を保持することに置かれています。その次のステップとして、大学受験に向けた新たな単語、イディオムの取得、文法的知識の増強、英作文力や読解力の強化に置かれております。
  •  そこで、FES進学塾予備校に通塾している高校1年、2年生に最低限の大学受験対策として要求していることは、新たな出てきた単語、イディオムをリストアップしたノートづくりを開始するようにということです。
  •  高校3年生になった段階では、模擬試験が連続して学校で実施されるようになり、とても忙しくなるので、ノード作成をやる時間があまりありません。高校1年、2年生のできるだけ早い時期から既習した知識を集約化するノートを作成することは、必ず大学受験にプラスに働くと説き聞かせております。
  •   これまでいろいろな生徒を見てきましたが、知識の集約化の作業がうまい生徒は確かに志望大学に合格しています。
  •  
  •   大学入試英語問題の長文、とりわけ、前期試験問題の長文は、ここ3年間でかなり読みやすいものとなってきています。その理由の1つは、出展元がかなり限定されてきたからです。出展元の1つは、大学の教授陣の研究している専門書の序章の一部。2つ目は大学教授がいつも購読している研究論文からの一部抜粋です。最新の研究成果が出題されるわけですから、当然新たな単語が入試問題に出る頻度が増えていますが、ただ、熟読用というはむしろ速度向きの長文が多数占めるようになっています。
  •  ただ、大学入試の英語の問題が簡易化しているとはいえ、受験する大学の過去問をやるとやらないとでは、30点ぐらいの差が出ます。最低、受験する大学の過去問を3年間分は受験に先立って取り組む必要があります。
  • しかし、過去問をただ漫然とひと通りやったのでは意味がありません。この3年間で問題構成がどう変わってきているのか、長文問題がどのような題目を中心に据えられているのか、英作文がどのような本から出題されているのか、課題英作文は現在の政治、社会、経済情勢や環境問題と関連して出題されているのかなどの分析とそれに対する処方箋を用意しなければ、過去問をやる意味はありません。
  •  FES進学塾予備校では、お預かりした生徒それぞれが受験する大学すべての英語問題を過去3年分を綿密に分析し、対処方法を提示しております。
  •  
  •  FES進学塾予備校では、兄弟あるいは姉妹同時に当進学塾予備校に在塾の場合には片方の側の月額受講料金を半額にする制度を取り入れております。
  •  
  •  FES進学塾予備校は、貧富の格差なく教育を受ける機会を提供することを目的とした学習支援制度を取り入れております。家計的に困窮しているお子さんには受講料金及び講習費の減額制度を導入し、当進学塾予備校での勉学を応援しております。該当のご家庭やお子さんのプライバシーは厳密に保護しております。
  •  

  • FES進学塾予備校は、富士山の自然保護、環境美化活動を応援しています。
  •  
  • 下記サイトにも「FES進学塾予備校」の情報が掲載されておりますので、万一、現在ご覧になっているサイトが見ずらい場合には、どうか下記のいずれかのサイトをクリックしてくださいますようにお願いします。
  •